笛子教室

一度聴けば忘れない独特の音色を奏でる笛子

笛子は竹製の横笛で、その歴史は数千年前に遡ります。
形は何の変哲もない横笛に見えますし、見た目だけですとあまり珍しくない楽器に思われるかもしれません。日本にも、篠笛や能管などがありますが、しかし笛子は、楽器の仕組み、音色が他の笛類とは大きく異なります。吹き口と指孔の間に、更にもう一つの穴があり、そこに葦製の薄い膜を貼ることにより振動が伝わり、中国の歴史と文化を思わせる独特な音色が生まれます。形状は多少異なるものの、原理としてはクラリネット、オーボエ、ファゴットなどのリード楽器と同じと言えます。
この膜(笛膜)を上手に鳴らし、笛子特有の音色を出すためには、口周りの筋肉と腹筋が大きく関わります。

皆様は、リード楽器の演奏家が実年齢よりも確実に若く見えるという事実をご存知でしょうか…? 単に音を出しても、真っ直ぐにブレないように長く伸ばす為の訓練を積んでいるので、一般の人とは違う口周りの筋肉が発達しているからなのです。特に笛子は西洋楽器に比べ、シンプルな造りである為、更に腹筋も重要になります。

中国の古典音楽に触れ、歴史や文化を感じながらもアンチエイジング効果も得られる笛子教室。在日の笛子奏者としては唯一、中国の音大で教鞭を執っていた王明君の指導で是非、その効果を体感してみてはいかがでしょうか?

※笛子教室に関しましては、東京教室(高砂、大泉学園、渋谷、よみうりランド)の生徒募集も受け付けております。詳細はお問い合わせください。

レッスンの様子

  • 笛子レッスンの様子1
  • 笛子レッスンの様子2

レッスン料

[講座] [コース] [費用/回数]
笛子
個人レッスンコース
グループレッスンコース
¥10,000/月2回
¥6,000/月2回

Home / 講座案内 / 笛子教室

QLOOK ANALYTICS